髭剃りした後に肌をヒリヒリさせないためのケア方法をアドバイス

ヒゲ回り

女子力アップのために顔の産毛剃りは徹底している、という人もいます。
メイクのノリもよくなりますし、顔の産毛、
とくにひげなどは気になりますから剃っておきたいものです。

しかし、やりすぎると濃くなる、青髭状態はイヤ、
という女性も多数いますし、ケアした後にヒリヒリする、という声も聞かれます。

実際、ひげ剃りした後のヒリヒリ対策はみなさんどうしているのでしょうか?

まず、もうすでにヒリヒリしている、という女性はすぐに冷やしましょう。
冷たい水で顔を洗って、毛穴を引き締めるとヒリヒリが少しは収まります。
タオルドライした後には乳液もしくはクリームでしっかり保湿をして、
その後はひげ部分を触らずにそのまま経過観察します。

カミソリ負けという状態で肌がヒリヒリしているので、
最初からひげ剃りでカミソリ負けしないようにするのが一番です。
そのためには最初からたっぷりローションを塗っておく、
温めておく、クリームを塗っておく、ということが必要です。
またひげ剃り専用のカミソリやシェーバーを用意しておくことも1つの手段でしょう。

あなたが使おうとしているカミソリは新品でしょうか?剃る前段階として顔を
蒸しタオルなどで蒸らして柔らかくしているでしょうか。
これらはカミソリ負けの原因の一部となります。

ですから、きちんとした方法をまもればヒリヒリすることもなくしっかりケアできるというわけです。
ひげ剃りは顔の一部でもありますから、色素沈着、埋没毛などの肌トラブルは起こしたくないものです。
そのためにもカミソリ負けをしない準備をしてから剃ることをオススメします。

どうしてもヒリヒリが治まらないという場合は、オ
ロナインをとりあえず塗っておく、というのが常らしいです。
オロナインは比較的安価で買うことができますし、
どこの薬局にも1つはおいてあるはずですから、手に入れるのは簡単でしょう。
オロナインを塗っておくとヒリヒリが治まってくるという口コミも多数みられますから、
是非試してみましょう。

もしそれでも肌トラブルが気になるなら、
ヒゲの脱毛をするのも良いと思います。

様々なケアをしても、結局のヒゲを剃っている以上、
口周りのお肌に負担はかかっております。

一度ヒゲの脱毛さえしてしまえば、
煩わしいヒゲ処理をする必要はありませんし、お肌への負担もかからなくなります。

今は一昔前よりお手軽にヒゲ脱毛できる時代ですので、
一度検討してみるのも良いかも知れません。

おすすめはやはりクリニックです。
エステサロンの脱毛器では一時的に毛が生えなくなることがあっても
また以前と同じ状態になります。

クリニックだと痛みはありますが、
脱毛回数が少なく、永久脱毛できるので、もうヒゲのムダ毛処理をする必要はなくなります。

家庭用脱毛器で脱毛をするということとは

購入した家庭用脱毛器

脱毛をするということは、ムダ毛をなくすということですので、
レーザーを当ててムダ毛を処理する方法には、
何となく抵抗を感じる方や、
やった後に何か副作用があるのではないかと悩んでいらっしゃる方もいると思います。

安全性が確保されている方法でやってもらうことができるところがほとんどですし、
これまでに脱毛をやられた方もたくさんいらっしゃいますので、
できるだけあなたに合った店舗を選んでいただくことは大事ですし、
家庭用脱毛器を使いたいという方は、あなたに合った商品であるかどうかをよく検討して下さい。

よく比較してただき、決めていただいたところでしたら、購入していただいたり、
利用していただくことはとても良いと思いますので、信頼していただいても良いと思います。

私自身も家庭用脱毛器を持っていますし、
エステ店でやってもらったこともありましたが、どちらもトラブルを感じることはなかったですし、
するすると毛が抜けてとても満足できましたので、ムダ毛をそのままにするよりは、
綺麗に処理できるようにいろいろな方法を試していただき、
綺麗になっていただくのが良いのではないでしょうか。

実際にいろんな方の意見を聞いてみたりして、
やってみていただくのが良いと思います。

これからは特に薄着になり、いろんなところが見られますから、
不安のある方にはムダ毛とどう向き合うかを考えていただき、
自分なりの方法で綺麗にしていただくと良いと思います。

しかし、どんな方法にしろ正しい脱毛の知識と
その正しい情報を見極められることが必要です。

脱毛は色々な情報が錯綜していて
どの情報が良いのか迷うところもあります。

特に家庭用脱毛器やエステについては、
よく理解するべきです。

エステが良いと言っているのはただの宣伝で
本当のところではありませんし、
家庭用脱毛器についても本当に良いものとはどのような物なのか
理解する事も大切です。

アンダーヘアを毛抜き処理するメリットとデメリットについて

アンダーヘア

アンダーヘアを毛抜きで処理している、というパワフルな女性はいませんか?
大体にしてデリケートな部分であるデリケートゾーンに生えた毛を毛抜きで1本1本抜くとなるとかなりの痛みが伴いますが、
それを行っている人はかなりパワフルとしか言いようがありません。

しかし毛抜きで抜くとあまりよくないという噂も流れてきますね。
何故なのでしょうか?

抜くことはオススメできませんが、毛抜きで抜くと、剃るのと比べて生えてくる期間が長く、
毛根から引っこ抜くことができますから、見た目つるつるになってキレイです。

しかし痛いことで分かるように、肌にダメージを与えてしまっているので、
毛抜きでの処理はやめたほうがよいでしょう。
メリットとしてはつるつるでキレイ、そして次に生えてくる毛の期間が長いという点、
さらにはお金がかからないという点があります。

それ以上にデメリットのほうが多いので、毛抜きケアはやめたほうが良いでしょう。

まず1本1本抜いていくため、非常に根気強い作業になります。
抜く際には皮膚が引っ張られますから、長く続けていくことでたるんできますし、
たるめば毛穴が開きますから毛穴に汚れ、皮脂が溜まった状態になり、
デリケートゾーンにニキビ、吹き出物などのトラブルが発生します。

また毛抜きで最も多いトラブルとして埋没毛というものがあります。
皮膚の中に毛がうずもれた状態で、うまく生えてこない状態です。
黒くぶつぶつしているので、無理やりとってしまう人もいますが、
そうなると次にまた埋没毛ができてしまうので堂々めぐりとなります。

毛抜きでは毛根から毛を除去し、すぐに毛は生えてこないというメリットがある分、多くのデメリットがあるのです。
最大のデメリットと言えばなんだとおもいますか?それは痛い、ということです。
この痛みに耐えきることができるのなら、脱毛サロンや医療クリニック、家庭用脱毛器での脱毛など、わずかな痛みで済みます。
デリケートな個所だけに、アンダーヘアはサロンやクリニックなど専門機関にゆだねたほうが安全です。

自宅なら家庭用脱毛器が良いかと

アンダーヘアは毛抜きするより、脱毛した方が良いのは当然です。
クリニックやエステサロンで脱毛するのも良いですが、
誰かに脱毛してももらうのが恥ずかしいなら、家庭用脱毛器で脱毛するのが一番です。

良い家庭用脱毛器を使えば、簡単に早く綺麗に脱毛出来ますし、
アンダーヘア以外も脱毛できるので、コスパーも良いです。
少なくても良い脱毛器ならエステサロンよりも早く綺麗に脱毛出来ます。

管理人としてはアンダーヘアを誰かに脱毛してもうのは苦手なので
自分でやりたい派です。
家庭用脱毛器は簡単なので、わざわざ予約を取って脱毛に行くエステサロンが億劫になります。

好みの問題もありますが、今はエステサロンでなく、自宅で脱毛する時代です。

脱毛サロンやクリニックが混みあう時期はいつなのか

脱毛の繁忙期について

脱毛サロンや医療クリニックが込み合っている時期、予約が取りずらい、
とれない時期というのはあるのでしょうか?

実際、繁忙期と呼ばれる春から夏にかけて、
具体的には6月から7月にかけて予約は込み合う時期となります。
夏に向けて皆一斉に脱毛を開始し始めるからです。
ですから繁忙期は予約はとりにくく、逆に閑散期には予約はスムーズに取ることができます。

6月や7月に予約が取れないから仕方ない、と諦めてはいけません。
何か手だてを考えてみましょう。

まず、ほかのサロンの体験を掛け持ちすること、
予約のとりやすいサロンに乗り換えるという手段があります。

掛け持ちすることで体験コースを選択すればリーズナブルな価格で脱毛することができます。
例えばわき脱毛の途中なら、わき脱毛をキャンペーンしている他サロンで体験脱毛することができます。

サロンごと乗り換えてしまうということもできるようで、
乗り換えキャンペーンというものを取り扱っているところもあるようです。
しかし次に乗り換える場合は予約が取りやすいサロンを選ぶべきでしょう。

ただ、6月や7月に予約がとれたとしても、実際完全に脱毛が完了するまではおよそクリニックでは1年半、
サロンでは3年以上もかかります。
ですから今年の夏は諦めて、夏が終わってから脱毛を開始して、
来年の夏までにはしっかり脱毛完了を目指したほうが役得ではあります。

また、最近ではスマートフォンの普及もあって、なかなか予約がとれない!
というミュゼプラチナムでもスムーズに予約が取れるシステムがあります。
公式アプリで空き時間通知というものを使い、キャンセル待ちするというものです。

誰かがどこかの店舗でキャンセルしたら、
そのキャンセルした時間に自分の時間を入れてもらえるというシステムです。
ミュゼプラチナムの店舗はたくさんありますから、
どこかしら空き状況が出てくることが多いのです。

そのようにして込み合う時期、6月や7月など、夏に向けての繁忙期を乗り切りましょう。

それでも繁忙期は予約がとりにくい

予約が取りやすいサロンやクリニックを利用したとしても
それでも繁忙期ですので、休日や仕事終わりの時など
人が集まる時間帯の予約は難しい場合があります。

また、逆に予約が取りやすいということは
人気がないともいえるので、そうしたクリニックやサロンは、
あまり利用したくないとも思います。

もし、予約やスケジュールのストレスなく、
脱毛したいなら家庭用脱毛器が良いと思います。

クリニックとはいきませんが、
脱毛力ならサロン以上のケノンという脱毛器もあります。

脱毛期間はサロンより、早いですし、
費用も断然に安いです。

ただ、自分で脱毛する手間がかかるので、
めんどくさがり屋だと頑張らなければいけませんが。

美意識が高かったり、ムダ毛に悩んでいれば
脱毛することが苦ではないので、続けられます。

どちらにせよ、中途半端にサロンに行くより、
家庭用脱毛器の方がお勧めですね!!

全身脱毛は医療脱毛・家庭用脱毛器・エステサロンのどれ?

全身脱毛は医療脱毛

脱毛と言っても色々あり、多くの方が考えるのは全身脱毛です。
しかし、どのような方法で脱毛するのか迷う方もいることでしょう。

多分、医療脱毛、家庭用脱毛器、エステサロンで最も多いのが
エステサロンです。

それは何故かというのかというと、
最も大きな要因は、エステサロンの全身脱毛は安くて綺麗にできるという
勘違いだからです。
つまり、知識不足によるものです。

当ブログで何度もお話しましたが、
エステサロンは膨大な広告費を投下しているので、
多くのサイトは真実を隠しています。

全身脱毛をするなら医療脱毛が一番です。

言いたくても言えない裏の話をしれば
誰もがそう思うと思います。

全身脱毛するなら医療脱毛

全身脱毛するなら、絶対に医療脱毛です。

理由は、
●脱毛回数が少ない
●永久脱毛できる
●医療機関なのでお肌に安心
●エステサロンと比べて全身脱毛はそんなに価格の差がない
です。

全身脱毛が良い理由の上記3つは、
多くの方が理解していると思います。

医療脱毛はエステサロンに比べて、
全然脱毛効果が違うので、
脱毛回数も少ないですし、永久脱毛出来ます。

しかし、エステサロンは、脱毛効果が弱いので
脱毛回数が多くなり、永久脱毛もできませんので、
少しずつ毛が生えてくるのようになります。

ただ、これからの事は多分ご存知だと思いますが、
意外と全身脱毛する上でそこまで価格の差はありません。

そのクリニックやエステサロンによって多少料金の差はありますが、
例えば、エステサロンで有名なミュゼだと18回で約38万で、
湘南美容外科クリニックだと6回で約43万円です。

大体エステサロンは脱毛を終わらせるまでクリニックの3倍くらいの回数が必要なので、
同じくらいの条件で価格を比較するとそのくらいになります。

また、エステサロンで全身脱毛しようと思えば、
どんなに早く終わらせても3年、実際は5年くらいかかります。
クリニックは1年半くらいです。

エステサロンはキャンペーンや月額制のような料金にしているので、
一見安く感じますが、全身脱毛しようと思えば実情はかなり高くなります。

しかし、そんなことはあたりまで、
あれだけ広告をうっていて安く脱毛出来るわけはないのです。
本当に安ければすぐに倒産してしまいます。

高品質な物ならエステサロンよりも家庭用脱毛器

電気屋さんやアマゾンで販売されている安い家庭用脱毛器ならお話になりませんが、
高品質な家庭用脱毛器なら、エステサロンよりも安く早く綺麗に脱毛出来ます。

高品質といっても家庭用脱毛器なら
一番性能が高いケノンでも7万円くらいです。

7万円払えば、半永久に使い続けられますので、
一度購入すればお金の心配はありません。

しかもケノンならエステサロンと出力は変わりませんし、
自分のペースで隙間時間に脱毛できるので、
エステサロンよりも圧倒的に早く脱毛を終わらせる事が出来ます。

自分で脱毛する面倒さはありますが、
それを除けばエステサロンよりもましです。

価格のマジックに惑わされない

エステサロンが良い例ですが、
表面的な価格の安さに惑わされて脱毛選びをしていけません。

エステサロンを選ぶにしても、
何処まで脱毛したいのか、そのためにどのくらいお金がかかるのか
しっかりと調べてから決めて下さい。

脱毛は、それなりにお金がかかるので、
どんな方法であれ安すぎるものは疑ってきました。

入口が安ければ最終的には高いお金を請求されます。

まずはエステサロンが良いという概念を変える事です。

嘘偽りがない脱毛の実態

脱毛事情

今ネット上にはあらゆる脱毛情報がありふれています。
そのため、何が正しくて何が違うのは訳が分からなくなっている方も多いでしょう。

脱毛ビジネスというのは、たくさんのお金が動いているので、
脱毛に関する情報を発信しているサイトは
何らかの意図があってサイトを作っております。

どういう事かというと、自分が有利になるような情報を出しているのです。
それに関してはほぼ例外はありません。
もし仮にあなたが良いと思い、信頼しているサイト運営者でも
100%本当の事は言っていませんし、
多くのサイト運営者は脱毛に関する本当のことすらわかっておりません。

その結果多くの一般ユーザーは誤った脱毛知識を持っているのです。

当ブログは、ブログで情報発信しても、
なんらお金を生むことはありませんし、脱毛の実態を語ってもなんら支障はありません。
ですから、今回は脱毛業界の実態を語ろうと思います。
その実態を理解すれば、あなたがどのような方法で脱毛すれば良いのか、
何が最も良い選択なのか理解出来る事でしょう。

是非参考にして下さい

クリニックとサロンと家庭用脱毛器の本当の違い

結論から言いますと、
クリニックは別格で、脱毛サロンと家庭用脱毛器の大差はありません。

多分ほとんどの方は、クリニックが最も脱毛効果が高くて、
その次にエステサロン、そして最後に家庭用脱毛器だと理解している方は多いと思います。
中には、サロンとクリニックはほとんど変わらないとか、
様々な理由を付けて、エステサロンが良いと言っているサイトもあります。
つまり、エステサロンが良いと言っているサイトが多いのです。

その理由は至って簡単で、エステサロンが最もお金が動くから、
エステサロンが良いと推すのです。
現在数多くなるサイトがエステサロンを良いというのは、それだけの話でしょう。
もし、エステサロンにお金が動かなければ、ここまでエステサロンを紹介するサイトはないでしょうし、
ほとんどのサイトはクリニックを紹介します。

その結果、多くの方は脱毛ならエステサロンが良いと誤解してしまっています。

まず冒頭でもお話したように、脱毛効果に関して言うなら、
クリニックは断トツで、エステサロンと家庭用脱毛器に差はありません。

しかし、家庭用脱毛器にピンキリなので、
残念ながら、脱毛できるとは言い難い商品が溢れています。

それらの家庭用脱毛器とエステサロンを比べると確かに
エステサロンの方が効果は高いですが、
そうじゃないしっかりとした家庭用脱毛器なら、
エステサロンと効果は変わりません。

管理人は、今販売されているほとんどの家庭用脱毛器を知っていますが、
まともに脱毛できるのはケノンで、妥協してトリアくらいです。
効果以外の脱毛器の性能と考えれば、やっぱりケノンしかありません。

エステサロンの脱毛器は業務用なので、
ある程度の脱毛力や性能は必要ですが、
家庭用脱毛器の場合そうではないので、気軽に使える脱毛器を販売してしまいます。

しかし、ケノンのようにエステサロンと同等の脱毛器も
家庭用脱毛器には存在するのです。

そもそも脱毛とはクリニックでしかできない

このことは多くの方が知っていますが、
脱毛の法律の定義は、
『レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する』
となっていて、これは医療機関で医師免許を持っている管理下でしか行えないとなっております。

そして脱毛とは、毛乳頭、皮脂腺開口部等を光で破壊する行為です。

つまり、エステサロンや家庭用脱毛器では本来脱毛を行ってはいけませんし、
もっと言えばエステサロンや家庭用脱毛器で行っている事は脱毛ではないと言えます。

しかし、エステサロンや家庭用脱毛器で施術しても
毛が生えてこなかったり(いずれは必ず生える)生える毛の量が減っていきます。

それは法律違反なの?
と言えばそこは法律のグレーゾーンです。

確かに法律では、毛乳頭、皮脂腺開口部等を光で破壊してはいけないとなっていますが、
どのくらいの光の強さを当てればそれらが破壊されるかという定義は法律にはありません。

もし、エステサロンや家庭用脱毛器で、肌トラブルばかりが起き、
それが社会問題となれば、厚生労働省が動いて、
新たな法律ができるかもしれせんが、
エステサロンでは様々問題が沢山起きていますが、
まだ国が本格的に動くまでもありませんので、
その辺は曖昧になっているのです。

ですから、エステサロンや家庭用脱毛器というのは、
大きな肌トラブルが起きない程度の光の強さで作られているので、
医療レーザー脱毛ほどの出力は出せませんが、
微妙な光の強さでぎりぎり脱毛できるようになっています。

エステサロンの脱毛は痩身エステのダイエットに似ている

痩身エステでマッサージしたり、美容機器を使ったりすれば、
一時的に体がスリムになります。
しかし、それはあくまでも一時的な事で、
そのマッサージを辞めればすぐに元に戻ります。

エステサロンで脱毛するということはそれと同じです。

エステサロンで脱毛しても個人差はありませんが、
何年後には必ず毛が生えてきます。

クリニックで脱毛すれば、完全に毛細細胞を破壊するので、
よほどの事がなければ毛は生えてきません。

つまり、エステサロンで脱毛しても根本的な解決にはならないのです。

もちろん、いつか毛が生えるといっても、
産毛やそれと同等の毛が少し生えてくる程度の場合もありますし、
中には元の状態に戻る方もいます。
それは個人差がありますので、何とも言えません。

しかし、本当の意味での脱毛をするなら、
エステサロンでは難しいのは本当のところです。

脱毛するならクリニックが良い

家庭用脱毛器やエステサロンでもある程度脱毛はできますし、
それなりにムダ毛がなくなり綺麗にもなります。

しかし、本当に脱毛したいなら、やはりクリニックがベストです。

もちろん、クリニックといっても色々あり、
クリニックだからと言って絶対にいいというわけではありません。

しかし、脱毛の仕組みを考えれば、
クリニックの医療レーザー脱毛器でなくては毛細細胞を破壊できないというのは、
事実です。

しかし、女性はエステサロンに行くことで、
ステータスを感じエステサロンに行きたがる傾向にあります。
スキンケアや安らぎ、高級感を求めるのなら、
それでも良いでしょう。

しかし、何度も言うように脱毛とは医療行為です。
エステサロンで病気を治したり、整形手術を行えないとの同じで、
脱毛はクリニックが良いのです。

とにかくまずはこうした脱毛事情を知り、そのうえで脱毛するか判断してください。

少なくてもやらせ感満載の口コミなどは信用せず、
真実を理解してください。

いつからどこのケアしてる?ムダ毛ケアの常識

いつからムダ毛を気にして対策をするようになるのかと言えば、
早い人ですと小学生くらいの年齢からお手入れをするようなケースもあります。

もっとも子供自身がムダ毛を気にするのではなく、
親の方がいじめなどの原因になるかもしれないということで
お手入れをしてあげるケースもあるようです。

どのような部位のお手入れから始めるのかということですが、
基本的に主立って見えている部分からムダ毛処理を始める方が少なくありません。

ですからまず顔について気にされる方が目立つようですし、
子供の場合でも鼻の下などに産毛が生えてくるようなことがありますので
そういった部分の処理をします。

続いて腕や脚といった露出している部分もお手入れの定番箇所です。
露出している部分は目立ち易いということもあり気にされる方も多く、
女性だけでなく男性でもムダ毛処理をすることがあります。

お手入れの定番部位といえばデリケートゾーンも挙げられます。
大体中学生くらいになると陰毛が生えてきますので、
そういった箇所に関してもお手入れがされることもあるようです。

基本的には目立つ箇所を気にされる方が多く、
早い場合ですと小学生くらいの年齢からムダ毛対策をしますが、
その際には専門の脱毛を受けるというケースも増えています。

今ではキッズ脱毛を行っているエステサロンもありますし、
大体7歳以上くらいから施術を受けられるようにしていることもありますので、
そのくらいの年齢から脱毛を始めることもあるのです。

ただし、子供の未熟な肌の場合ですとあまり強力にムダ毛処理をすることはできません。
そもそもホルモンバランスもまだ整っていませんし、
これから成熟してくることによってまた生えてきてしまうようなこともあります。

エステサロンを利用するのも良いかもしれませんが、
ある程度の年齢になるまでは自己処理で済ませた方が良いこともあると言えます。

エステサロンでも、クリニックでも家庭用脱毛器でも
脱毛は高校生くらいか行うのが良いので、
そこまでは自己処理で対処するのが良いと思います。

毛周期が整っていない時期に脱毛しても効果はそれほどありません。
ただ、無理な自己処理は肌を傷める原因になりますので注意しなければいけません。

ブラジリアンワックスで解決!

脱毛ワックス

アンダーヘアのムダ毛処理に困っている方は多いようです。
毛抜きで抜くのは痛いですし、かといってカミソリで剃ると生えかけがチクチク気持ち悪い。
でもエステやクリニック、家庭用脱毛器で脱毛するのは時間がかかり過ぎる。

そんな方におすすめがブラジリアンワックスです。

これはワックスと名がつくことからわかるように、
ワックスを塗ってそれをベリッと剥がして毛根から抜き取る方法です。
一気に抜けるので即日ツルツルにできます。

もちろん毛母細胞は残ったままなので、いずれは生えてきますが、
毛根からスッキリ抜けるので、数日間はツルツルの状態を維持できます。
それにカミソリで剃らないので、生えかけがチクチクむず痒いというストレスもありません。
すぐにツルツルにできるので、せっかちな方にもってこいな方法です。

ブラジリアンワックスはムダ毛の部分の肌にワックスを塗って
一気に剥がし取る方法です。
理屈は簡単ですが、素人が行うと肌を傷める恐れがあります。

特にブラジリアンワックスで脱毛するのはビキニラインなどデリケートな部分です。
そのため間違った方法で行うと、取り返しのつかないことになりかねませんので、
初めての場合は専門サロンでやってもらうのがいいでしょう。
恥ずかしいかもしれませんが、相手はプロ、それを仕事にしているので問題ありません。

ビジネスライクで恥ずかしさは乗り切りましょう。

何回かサロンでやってもらえば何となくコツがつかめるはずです。
自分でもできると確信したら、自宅でできるキットを買ってそれでやってもいいでしょう。
これならいちいちサロンに予約を入れなくて済みますし、好きな時間にできます。

ただ、ブラジリアンワックスは毛母細胞にダメージを与えたりしないので、
また生えてくる方法であることは忘れないことです。

あくまでも一時的な効果で、
カミソリよりも綺麗に早くムダ毛が処理ができるだけ。

あまりに頻繁に繰り返すと肌が荒れる可能性もありますので、
本気でムダ毛なしのツルツルにしたいなら
とりあえず一時しのぎのこの方法は正直おすすめできません。

ツルツルの状態を長期維持したいなら、
光やレーザーを使って毛母細胞を破壊する方法も視野に入れるといいでしょう。

当ブログで何度も言っていますが、
今は比較的に手軽に脱毛できるようになっています。
本気でムダ毛を何とかしたいなら、脱毛は避けて通れないでしょう。

顔のムダ毛のせいで化粧ノリが悪い場合には

顔の気になる産毛

化粧をした時にノリがあまり良くない場合は産毛が原因になっている可能性があります。
産毛は細く弱々しい毛ですが、それでもファンデーションなどがフィットする邪魔になり得る存在です。

そのような顔のムダ毛は処理してしまった方が良いと言えますが、
処理する方法の中でも簡単なのがカミソリで剃ってしまうことです。

しかしながらカミソリで剃るのは肌にあまり良いことではありません。

大切な角質を傷付けてしまう原因になりますし、また肌への刺激にもなってしまいます。
ムダ毛はなくなるものの、肌質を悪くする原因になることもありますので
安易に剃ってしまうのは注意が必要と言えるでしょう。

肌を傷めることなくムダ毛処理をする為には光やレーザーによる脱毛がおすすめです。
これらの施術は脱毛サロンや医療施設で受けることができますが、
毛根そのものへアプローチできるのが特徴です。

光やレーザーを照射することで毛根の活動が弱くなりますので、
それによってムダ毛が生え難くなります。
そしてレーザーは特に照射力が強力な施術ですので効果が高く、
永久的な脱毛効果に期待することができるのです。

ただし産毛は細く弱い毛ですのですぐには効き目が出ないことがあります。
黒い色素に反応する光を利用してムダ毛処理をする施術ですので、
細い産毛ですと肝心の光があまり反応しないのです。

ですから劇的な効果は得られないこともあります。
しかしながら医療施設のレーザー機器の種類によっては効き目が出ることもありますので、
レーザーによる施術の方がおすすめと言えます。
ただ使用している機器によっては効き目が薄い為、
どのようなレーザー機器で施術をするのかを確認しておいた方が良いでしょう。

施術には他にも電気針を利用する方法もあるのですが、
この施術でもムダ毛を処理することができます。

近年は電気針を扱っているところが減ってきているものの、
しかし毛根に直接負荷を掛けることができる施術ですので、
光やレーザーよりも高い効果がありますし、
扱っているところを探してみるのも良いかもしれません。

しかし、その電気針は時間もお金もかかり、
笑気麻酔しても、痛みはありますので、
顔を脱毛するにはある程度覚悟も必要です。
もちろん、例えクリニックであっても
肌トラブルの可能性はゼロではありません。

電気針で脱毛するためには、お医者さんの話をしっかりと聞いてから
判断してください。

男性に聞いたここに女性のムダ毛があればヒク部位は?

男性から見れば、女性は脱毛していて当然と考えている人が多いようで、
どの部位を脱毛してほしいか女性と男性と若干見解が違います。

あるアンケートによると、
男性が女性にここだけは脱毛してほしい部位は、

1位 ワキ
2位 バスト
3位 膝下
です。

対して女性がしたい脱毛部位は、
1位 ワキ
2位 膝下
3位 腕
のようです。

やはり男性から見た女性も女性自身も
普段見える部位は必ず脱毛したいということですが、
意外なのはバスト。

バストがボウボウな方は少ないですが、
産毛程度でも男性は嫌がるということです。
女性自身ではバストを脱毛したいと言う方は少なく、
それほど気にしていないようです。

逆に言えば、それほど毛が生えていないとも言えますし、
とりあえず見える部位だけを綺麗にしたい女性が多いと感じます。

それを象徴するように、女性の中にも
VIO脱毛ところか、その名称すれ知らなかったことに驚きです。

脱毛を身近に感じている管理人としては、
VIO脱毛、特にVラインは脱毛の必須パーツとして認識していましたが、
実際は、脱毛していない方がほとんどだという事です。

もちろん、アンケートの取り方によって
結果は大幅に変わりますが、
それでもVIOを知らないとは考えてもいませんでした。

また、男性から見ても、
VIO脱毛は下位のほうで、それほどデリケートゾーンを気にしていないようです。

しかし、お金やその他の問題がなければ、
全身脱毛するほうが良いと思います。

はじめは部分的な脱毛で良いと感じても、
脱毛していくうちに他のパーツも気になり、
全身脱毛したくなるものです。

家庭用脱毛器は別ですが、
エステサロンやクリニックで脱毛する方は、
はじめから全身脱毛する契約をした方が安くなりますので、
脱毛する方は、是非全身を検討してみて下さい。