自己処理による脱毛はデメリットが多い

ムダ毛の脱毛方法としてはいくつかの方法があります。
その中で、自己処理によるケアは手軽に出来る分、デメリットの多い方法になります。
では具体的にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。自己処理方法別にご紹介しましょう。

まず、毛抜きを使用した方法です。毛抜きを使うデメリットとしては、
次に生えてくる毛が埋没毛になってしまう、ということがあげられます。

埋没毛とは、皮膚に傷がついたことで毛穴が塞がってしまい、
次に生えてきた毛が皮膚の中で伸びてしまっている状態のことを言います。

埋没毛は取り除かない限りは解消出来ない上、ずっと皮膚の中で毛が伸び続ける為、
毛が伸びていくことにより痛みが出たり赤くなってしまうこともあり、非常に厄介です。

また、黒ずみが起こる場合もあります。これは毛抜きの刺激によってメラニン細胞が活性がされ、
色素沈着が起こりやすくなる為です。次にワックス脱毛です。
短時間にケアをすることが出来るというメリットはありますが、
痛みが非常に強く、お肌が弱い方ですと出血してしまったり肌を痛めてしまう場合もあります。

また、お肌がかぶれることもありますので注意が必要です。次に脱毛クリームです。

毛根が開いてしまうので毛穴が目立ちやすくなるというデメリットがあります。
また、敏感肌の方が使用すると炎症を起こしてしまうこともあります。
炎症をおこすとなかなか治りにくいので気をつけましょう。
このように自己処理はデメリットの多い方法になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ